エトゥープのバーキンの買取価格は?おすすめ買取会社などまとめ

エトゥープのバーキンの買取について

バーキンのエトゥープは、どんなスタイリングにもマッチしファッションの好みが変わっても年を取ってもずっと使い続けることができるため、人気のカラーです。そのため買取価格が高い傾向がありますが、査定ポイントによって買取価格は大きく上下します。そのため買取を依頼する際には、査定ポイントをおさえて自分のエトゥープの価値を理解したうえで、買取に実績のある買取会社を選ぶのが重要です。

エトゥープのバーキンについて

エルメスのバーキンの魅力の1つは、200色を超えるカラーバリエーション。現在でもエルメスからは毎年新色が発表されており、従来の革製品のイメージとは異なる上品かつ鮮明な色彩が、多くの女性の心を虜にしてきました。

しかしそんな数あるカラーバリエーションの中でも、最も人気のカラーがエトゥープです。
落ち着きのあるブラウン系のカラーですが、かすかにゴールドを感じさせる複雑な色合いです。

エトゥープはどんなスタイリングにもマッチする万能さを持ちつつも、他のバッグに埋もれてしまわない、エルメスのアイデンティティと聡明な大人の雰囲気を持っています。

ファッションの好みが変わっても、年を取ってもずっと使い続けることができるため、ファアーストバーキンとしても人気です。

ただエルメスの中でも「ブラック」と同様に中古品の供給が多いため、他のレアカラーと比較すると、若干ながら買取価格が低い傾向があります。

エトゥープバーキンの査定ポイント

バーキンのエトゥープの査定ポイントを紹介します。通常のブランドバッグの買取価格は定価の20%前後になることが多いですが、バーキンは査定ポイントによっては50%-80%以上になることも少なくありません。買取の際に、買い叩かれてしまわないように、査定ポイントを理解しておきましょう。

状態

エルメスのバーキンはステータスとして持つ方が多いため、バッグの保存状態は非常に重要です。ほとんどの買取会社は状態を重要視しています。

たとえばエトゥープと同様に定番カラーの「バーキン30、ブラック、トゴ、金具シルバー」(税抜定価132万円)の買取価格は状態によって次のように異なります。

ランク 状態 買取価格
S 新品状態 120万円前後
A ほぼ新品(使用数回) 100万円前後
B 多少の使用感(四つ角の擦れなど) 80万円前後
C 明らかな使用感(糸のほつれや色褪せなど) 50万円前後
C以下 傷、使用感、汚れが目立つ 30万円前後

保存状態によって30万円から120万円と非常に大きな価格の違いとなります。

なお保存状態の査定で主に見られているのは以下のポイントです。

 ハンドル
 色褪せ
 傷の有無
 角すれ
 金具の傷
 コバ割れ
 鋲
 匂い

ハンドル

まずチェックされるのがハンドルです。ハンドルは直接人の手が触れる場所のため、皮脂や汚れが付着しやすい腕時計やバングル、指輪、ネイルで傷をつけることもあり、エトゥープの状態をよく表します。

変色の原因となるハンドクリームや日焼け止めを使ってすぐにエトゥープを持たないのはもちろん、スカーフなどのバッグを傷つけにくい布をハンドルに巻きつけて、直接手が触れないようにするのも良いでしょう。エルメスのエトゥープにエルメスのスカーフを巻きつけて持てば、ハンドルの汚れ防止だけでなく、人とは違った楽しみ方ができます。

色褪せ

表革の色褪せの状態はエトゥープの査定で最も重視されます。色褪せは明るい色ほど起きやすいため、エトゥープも色褪せが起こりやすいからです。

色褪せの原因は湿気と光です。湿気と光を避けるために、湿度が低く日光と蛍光灯の当たらない場所に保管します。そして雨天時の使用は避け、少しでも濡れてしまったら乾いた布で叩くように水分を拭き取り、風通しの良い場所で影干ししましょう。

傷の有無

表革の傷の有無も重要なポイントです。シボが付いたトリヨンクレマンスやヴォーエプソンなどは傷が付きにくいですが、表面が柔らかいボックスカーフのエトゥープは傷が付きやすいです。

ネイルや指輪などで傷を付けてしまうことが多いため注意しましょう。なお通常の革製品ならクリームなどで油分を含まれておくことで、傷を帽子することができますが、エルメスの革製品は薬品を使ったセルフケアはできません。

角すれ

バッグの表革でハンドルに続いて使用感が出やすいのが、バッグの角部分です。四隅の部分は特に角すれと呼ばれ、状態がとりわけ重要視されます。バッグの底の四隅は、バッグを置いた際などに場所に触れるため、角すれを防ぐのは難しいです。

しかし頻繁に使い過ぎないように注意し、バッグを置く時には、家で保管する場合でも柔らかく、摩擦の少ない素材のものの上に置くと良いでしょう。

金具の傷

バーキンのクロアは非常に特徴的ですが、傷が付いてしまうことが多いです。しばしばエトゥープをトートバッグのようにフラップを内側に織り込み、クロアが付いたベルトを留めていない人を見かけます。

しかしベルトを留めてクロアが動かない状態にしておかないと、物にぶつかってクロアが傷付いたり、表側と当たって表革が傷つく可能性があり、危険です。バーキンのクロアは常に留めておきましょう。なお留める際にも、スレができてしまうことがあります。注意しながら留めてください。

コバ割れ

コバとは革製品の切れ端や切り口のことです。コバにこそ職人の腕・技術・こだわりが現れると言われていますが、エルメスでは美しさを表現するため「コバ塗り」という丁寧な処理を行っています。

しかし皮を曲げたり、雑に扱ってしまうとコバのヒビ割れや乖離が発生します。特にハンドル部分は、皮がよく動くため、ヒビ割れや乖離が発生しやすいです。コバのヒビ割れや乖離を防止するのには、普段からエトゥープのコバを意識して、丁寧に扱うしかありません。

エトゥープの底面には、4つの鋲が打たれており、バッグを置いた際に底の皮が擦れしまわないようになっています。しかしその鋲が擦れてしまっていた場合でも、買取価格は低くなってしまうため注意が必要です。角すれを防ぐ場合と同様に、バッグを置く場所に注意しましょう。

匂い

革は加工後も呼吸をしているといわれているほど、匂いを吸収しやすいです。タバコやカビの匂いはもちろん、香水や化粧品の匂いでも買取価格が下がってしまいます。

タバコを吸う場所に保管しないことや、湿気の少ない場所に保管しましょう。またすでに匂いが付いてしまっている場合には、重曹を入れた布製の袋をバッグに入れて、バッグをビニール袋で密封して、匂いの強さに応じて数日間放置することで、匂いを減らすことができます。

サイズ

エトゥープはサイズによって買取価格が大きく上下します。バーキン40などの大きいサイズの方が使われている革が大きく、買取価格が高いと思われる方がいます。実際定価は大きいサイズの方が高いこともありますが、買取価格は需要の大きい小さいサイズの方が高いです。

製造年

エトゥープを含むバーキンのバッグは製造年によって大幅に買取価格が異なります。それ以外の条件が同じでも製造年が数年違えば、数十万円ほどの違いになることが多いです。例えば2019年製造のエトゥープであれば、最高1,600,000円程度で売れますが、2014年製造のものだと最高額が1,100,000円程度まで下がります。

なおエトゥープは新品であれば、定価以上の値が付くこともありますが、新品と認められるのは今年か昨年製造された物のみとなります。

付属品の有無

エトゥープを購入した際の付属品の有無によっても、買取価格は変動します。

 ショップ袋
 箱
 布袋
 カデナ
 クロシェット
 レインカバー
 バッグの当て布

以上の付属品があれば買取価格が上がる可能性が高いため、一緒に買取に持っていきましょう。特にカデナやクロシェットは5万円前後の価値があるため、重要です。

金具の色

エトゥープには金具の色がシルバー・ゴールドの2種類あります。シルバーは買取価格が安く、他の条件が同じでも買取価格に5万円前後の差が出ることも多いです。なお他にも珍しい金具の色として、マット加工とローズゴールドがありますが、マット加工はゴールドと同程度で、ローズゴールドはゴールドよりも5万円前後買取価格が高い傾向があります。

エトゥープのバーキンの買取相場

エトゥープの種類とサイズ別の買取相場は以下の通りです。

種類 サイズ 買取価格
トゴ バーキン25 70万円
トリヨン 55万円
エプソン 65万円
スイフト 65万円
トゴ バーキン30 80万円
トリヨン 60万円
エプソン 70万円
スイフト 70万円
トゴ バーキン35 50万円
トリヨン 40万円
エプソン 40万円
スイフト 35万円

エトゥープバーキン買取のおすすめ会社

持っているエトゥープが査定ポイントを満たしているのかは買取価格の非常に重要な決定要因ですが、それだけではありません。エトゥープを含むバーキンの価値を100%理解している買取会社を選べるかどうかで買取価格は大きく変わります。

そこで以下の3つの観点からおすすめの買取会社を紹介します。

 買取実績
 販売も行なっているか
 バーキンに詳しいか

ファーストクラス

首都圏を中心に出張費無料でブランド品の出張買取を行なっているブランド品の出張買取専門店です。「店舗の賃料」「無駄な人件費」「宣伝費」をかけずにコストを削減し、最大限買取価格に還元しています。

エトゥープの買取実績は公開されていませんが、エトゥープ同様に定番カラーのブラックの買取実績が公開されており、買取価格が高いためエトゥープの買取もおすすめです。

ギャラリーレア

ギャラリーレアは販売も買取も自社で行なっている買取会社。独自の幅広い販路を持っているため、買取価格が高いです。

また以下のようにエトゥープの買取実績も公開されています。

商品 買取価格
バーキン30 エトゥープ トゴ SV金具 D刻印
(2019年製造) ¥1,650,000

新品のため買取価格が高いのは当然ですが、他の買取会社3社の買取価格がそれぞれ「1,537,000」「1,492,000」「1,565,000」だったことを考えると、買取価格が高いことがわかります。

ブランドピース

最後に紹介するのは年間2万件の査定を行なっている鑑定士がいるブランドピースです。ギャラリーレア同様に、自社での販売も行なっています。

なおギャラリーレアもエトゥープの買取実績を公開しています。

商品 買取価格
バーキン30 エトゥープ トゴ SV金具
(刻印は記載なし) 1,600,000

刻印についての記載がなく、詳しい状態もわかりませんが、買取価格からは新品買取だと予想されます。ギャラリーレアでは同じ条件のエトゥープが1,650,000円だったことを考えると、ギャラリーレアの方がブランドピースよりも高価買取が期待できそうです。

まとめ

かすかにゴールドを感じさせる複雑な色合いを持ち、200以上あるカラーバリエーションの中で最も人気のカラーの1つであるエトゥープは高い買取価格が付きやすいです。エトゥープの重要な査定ポイントは「状態」「サイズ」「製造年」「付属の有無」「金具の色」であることを理解し、自分のエトゥープの価値を理解したうえで、「ファーストクラス」「ギャラリーレア」「ブランドピース」のように、バーキンの査定に実績のある会社を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました